社員インタビュー

製造2課 水谷 之治
製造3課 勝井 義孝
製造1課 課長 亀井 清
業務課 課長 大西 唯史

製造2課 水谷 之治(2015年入社)

個人の技量が問われる仕事が魅力

丸富士産業株式会社に入社を決めた理由はなんですか?

前職で、仕事に対する考え方の違いから転職を考えていたときに、この会社で勤める知人と出会いました。なんでも相談できる職場環境や、香川県の優良企業に選ばれていることなどを教えてもらい、入社を決めました。

現在の仕事内容を教えてください

現在は製造2課で機械加工の仕事をしています。工場内には最新のNC複合機やMC装置があるのですが、主にMC装置を操作しています。具体的にはプログラムを作り、製造して、図面通り仕上がっているかを確認をしています。

仕事のやりがいについて教えてください

ライン作業だった前職と違い、今は1工程を1人で任されています。誰でも変わりができる、そんな仕事ではないところにやりがいを感じます。図面通りにプログラムを組み、それがうまく出来上がったときの達成感が好きですね。

製造2課 水谷 之治

今後の目標を教えてください

今担当している装置以外に、より複雑で難易度の高いプログラムを組む装置が扱えるようになりたいです。責任も重くなりますが、それがステップアップするということだと思うので、挑戦していきたいですね。

製造3課 勝井 義孝(2018年入社)

「無」から生み出す「ものづくり」に魅せられて

丸富士産業株式会社に入社をきめた理由はなんですか?

自動車業界で販売や整備をしていましたが、「ものづくり」に興味があり、作る側の仕事がしたくて転職しました。当社には、世界的なメーカーの部品を作っていることに魅力を感じて入社を決めました。

現在の仕事内容を教えてください

いろんな過程を経てきた部品を、ひとつの製品にまとめる「組立」という作業をしています。私が主に担当しているのは、油圧部品のジョイントやブレーキ関係の部品ですが、それ以外にもチームを組んで作る製品もあります。

仕事のやりがいについて教えてください

図面通りに製品が仕上がったときや、前工程の部署と連携を取りながらスムーズに製品を完成させたときにやりがいを感じます。自分たちが何もないところから作った部品が1つの製品になり、それが世界中で使用されていると思うと誇らしいです。

製造3課 勝井 義孝

今後の目標は?

原料から製品を作る、という過程全てに興味があるので、将来的には組み立て以外の知識や経験も積んでみたいと思っています。まずは組み立てにもある溶接作業をマスターして、自分ができる仕事を増やすことが当面の目標ですね。

製造1課 課長 亀井 清(2003年入社)

知識や技術の継承が目標

入社から今までの仕事内容を教えてください

入社以来、製造1課で溶接の仕事をしています。1課には1班と2班があり、私は製缶を担当する2班の班長を経て、課長になりました。今も現場で溶接をしますが、製造1課全体の進行管理がメイン業務です。

部署の会社の中での役割とやりがいを教えてください

製造1課は材料を溶接し、製缶や配管製品を作る部署です。弊社の特徴である「多品種の製造」に対応するためにも、課の中で知識や技術の共有が求められています。社員が新しい技術を習得し、成長する姿を見るとうれしいですね。

こんな人が活躍しています・求めています

お客さまの要望に応える製品を作り、常に同じ品質を提供する必要があるので、几帳面な性格や器用であることが生かされると思います。仕事の質にこだわりながらも、その技術を自分だけのものにせず共有できる、そんな人が活躍しています。

製造1課 課長 亀井 清

部署または個人の今後の目標は?

個人的な目標は「自分が作らなくてもよくなること」ですね。技術や知識を課の全員が共有できるようになれば、自然とそうなると思っているんです。その体制を作ることが、私の仕事だと思っています。

業務課 課長 大西 唯史(2006年入社)

スムーズな納品をサポート

入社から今までの仕事内容を教えてください

「ものづくり」に興味があり、溶接工募集に応募し入社しましたが、配属されたのは業務課でした。そのまま業務課一筋で働いています。顧客の要望に合わせた納品ができるように管理、調整するのが主な仕事です。

部署の会社の中での役割とやりがいを教えてください

やりがいはお客さまと直接会えることだと思います。予定通り納品ができて、お客さまが喜んでくれる姿を見ると私もうれしくなります。常にお客さまの満足を一番に考えて働けるのも、業務課のやりがいではないでしょうか。

こんな人が活躍しています・求めています

お客さまの注文を受けて、社内の調整をするのが業務課の仕事です。対人の仕事なので、コミュニケーション力が問われますね。それと、生産管理のIT化が業務課の大きな課題になっていますので、ITの知識もあると望ましいですね。

製造1課 課長 亀井 清

部署または個人の今後の目標は?

既存の生産管理システムのスムーズなIT化が、業務課としても私個人としても大きな課題です。業務に差し障りがないように正しくデータ移行をし、最新ITの利点を最大限活用して、生産性が向上する環境づくりを急いでいます。

マイナビ